妊娠中は脱毛はできない?

妊娠中でも脱毛して大丈夫なのでしょうか?

妊娠中はやれることや食べ物など色々と制限されてしまいますが、脱毛はどうなのでしょうか?

女性ならいつでもキレイでいたいと思いものでしょうが、それは妊娠中でも例外ではありませんよね。

果たして妊娠中でも脱毛は可能なのか解説していきたいと思います。

まず結論から言いますと妊娠中の脱毛はNGです。

これはエステサロンでも医療脱毛でも同じことがいえます。

基本的に妊娠中は脱毛施術を受けることは出来ず、妊娠初期から出産まで、どの時期でもNGとされています。

ですから妊娠したら脱毛は出来ないと理解することが第一です。

脱毛施術は正直そこまで痛みを伴うものではありません。

もちろん痛みには個人差がありますので、人によっては不快を感じるかもしれません。

しかしそれでも顔が歪むほど痛いということはまず無いです。

例えデリケートな部位であってもピリッと刺激を感じる程度です。

しかし妊娠中は肌が敏感になりますので、普段なら痛みを感じない刺激でも強く感じてしまうことが多いのです。

元々刺激が強いニードル脱毛をやろうものなら耐え難い痛みに嫌気がさすことでしょう。

この様に妊娠中は通常よりも痛みを伴う危険性があるので、どのサロンでも妊娠中の方への施術はお断りしているのです。

脱毛施術はベッドに仰向けの状態で行います。

無理な体制は母体へのストレスとなり子宮収縮に影響をおよぼす危険性が高くなります。

つまりサロンやクリニック自体が妊婦には好ましくない場所なのです。

妊娠中は気をつけなければいけないことが多くありますので、妊娠が発覚した方の予約はすべて断る形を取っています。

母体もそうですが、やはり赤ちゃんへの影響も気になるところですよね。

妊娠初期の段階では自分が妊娠していることに気づかない人も多いですから、知らず知らずのうちに脱毛を受けてしまったなんてこともあり得ます。

その場合、赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか?

実は、照射に使用される光は胎児に直接影響をあたえるものではないとされています。

ただやはり心配になるでしょうから、その場合は一度お医者さんに相談されるのが良いでしょう。

また妊娠していなくても生理中の脱毛はNGです。

当日キャンセルはキャンセル料金が発生しますので、生理予定日の予想が付く場合は早めにキャンセルを伝えるようにしましょう。

妊娠中はサロンで脱毛施術できない、とは言え放っておけばムダ毛でボウボウになってしまいますから、それだけは避けたいですよね。

自己処理するのも一苦労ですから妊娠中の脱毛はどうすれば良いのでしょうか?

家庭用脱毛器をお持ちの方もいるかと思いますが、基本的にサロンやクリニックのものと仕組みは同じです。

出力は異なりますがフラッシュやレーザーで脱毛するという点は同じですから基本的にNGです。
ではカミソリや毛抜きはどうでしょうか?

機械を使わないから安心かもと思うかもしれませんが、デリケートな肌に与えるストレスが大きい事に変わりはありません。

妊娠中のストレスは大敵ですから出来れば自己処理も避けるほうが良いです。

どうしてもムダ毛が気になる場合は、早めに脱毛を完了させておくしか手はありません。

毛が生えてこなくなるようにするにはある程度脱毛回数を重ねないといけませんので、それに合わせた計画立てが必要です。

脱毛している間に妊娠することもありますから、期間が空いても問題ない脱毛サロンを選ぶことも大切です。

 

⇒脱毛サロンで一番人気!シースリーの公式HPはココ